お知らせ information

【TOEIC(R)テスト対策】レベル別オススメ学習法②~英語初級者◆英語でコミュニケーションを目指す方向け

2012.11.21

「TOEIC(R)テスト超速トレーニング」モニターキャンペーンへご参加いただく

モニター参加者のご紹介です。学習メニューもご一緒にご確認ください。
 
■プロフィール
都内のアロマグッズなどを扱うショップにお勤め。
お客様には英語をお話になる方も多いらしく、
“英語圏のお客様を接客できるようになりたい”と感じて英語の勉強を決意!
まずは、TOEIC(R)テスト600点を目標に頑張りたいとお話し下さいました。
TOEIC(R)テストは2012年3月に受験予定。
 
▼年齢:26歳
▼職業:販売(英語を話されるお客さまも多い)
▼TOEIC(R)テストスコア:5~6年ほど前に一度受験。
点数は300点台だったそうですがよく覚えていない・・・英検は準2級を取得。
▼普段は海外の俳優のインタビューや、映画を英字幕で流し見したりと独学中心。その他、「ENGLISH JOUNAL」や英会話の本のCDを聞いたり、リーディングの勉強もしているそう。販売業の強みを活かして朝の準備時間や、寝る前の空き時間をうまく使って勉強をしているそう。ただ、やる気にムラがあり毎日は続いていない・・・最近ではWeb英会話にもチャレンジしたが、受講一度のみ。やる気を持続させて、続けていくことが目標達成の鍵となりそうです!
 
さて、「TOEIC(R)テスト超速トレーニング」では楽しく勉強を続けていけるでしょうか!?
モニターの様子は、Facebook「超速トレーニング」ファンページにて更新します。
 
 
モニター面談中のヒトコマです。
 
■学習メニュー紹介
 
【藤永丈司先生からヒトコト!】
職場、また将来の夢で英語でコミュニケーションを取りながら仕事をするというのを伺っており、楽しみながら、ソフトを利用してもらえればベストだと思いました。また、今回提案させて頂いているトレーニングの文章などを、ご自宅などでしっかりと発音して頂くことで、更に記憶力もUPしていきます。是非、試してみましょう!
 
<一ヶ月目>
●シチュエーションの疑似体験で、楽しみながらまずスタートしよう!
現職場では、外国人のお客様と接する機会が多いとのことなので、質問に瞬時に対応出来るようにすることで、職場でもそのまま使えるようになるので、一石二鳥!オリジナルトレーニングPart2『質問の意図を捉える』を中心に学習をすすめましょう!「質問に対する返答」では、音声がないので、しっかりと時間をかけて基礎づくりをしましょう!
 
▼TOEIC(R)テスト超速トレーニング該当箇所
学習 → オリジナルトレーニング → Part2 → 1.質問の意図を捉える → 質問に対する返答
 
合わせて、オリジナルトレーニングPart2『質問の意図を捉える』「キーワードの聞き取り」を試すことで、英語をしっかりと聴いて、それに答えるという実際の対応力と英語の音への集中力を高めることができます。職場に向かう前など、ウォーミングアップ感覚で試してみましょう!
 
▼TOEIC(R)テスト超速トレーニング該当箇所
学習 → オリジナルトレーニング → Part2 → 1.質問の意図を捉える → キーワードの聞き取り
 
<二ヶ月目>
●リスニングの応用力を更に高めることで、ネイティブに近い感覚を身につける!
1カ月目でリスニングの基礎力をつけているので、2カ月目は更に磨きをかける!という感覚です。この2カ月目で短い英文をしっかりと聴き、内容を把握。またその瞬発力を身につけていきます。
 
▼TOEIC(R)テスト超速トレーニング該当箇所
学習 → オリジナルトレーニング → Part2 → 2.さまざまな返答/まぎらわしい音の判別 
学習 → オリジナルトレーニング → Part2 → 3.時間や場所についての質問
※ここは全てのコンテンツ(3つ)を上から順に試しましょう!
 
●リスニングだけではなくて、リーディング力へつなげるための語彙力UP!
編集機能で設定します。ここで、ワードブックをつかいながら、3カ月目のリーディング力にもつながるように、語彙力を楽しみながら高めて行きましょう!※このトレーニングは2カ月目から継続して続けていきましょう!
 
▼TOEIC(R)テスト超速トレーニング該当箇所
学習 → ワードブック → 聴く
【進め方】※一度、レベル1から設定して試してみて下さい。そのレベルが自分に合わないと思った場合は、レベルをUPする。1日10単語は最低でもやって欲しいですね。年間で3000前後の構文に触れるということは、TOEIC(R)テスト対策にも十分な数量となるから。覚える!という感覚ではなく、英語を【聴く】という気軽な気持ちでOKです。
※このトレーニングは2カ月目以降継続して続けていきましょう!
 
<三ヶ月目>
●長い文章でも、英語をしっかりと聴く集中力を身につける!
3カ月目はPart3の実践を進めていきます。1、2カ月目より文章が長くなる分、聞くポイントをしっかりと押さえる必要があります。「全てを聞くぞ!」となるとプレッシャーが大きいので、ここでは設問からどこを聞けばいいのかのポイントをつかむ力を鍛えていきましょう!オリジナルトレーニングPart3『聞く前に読み、予測する』を進めていきます。ポイントをつかめてきたら、「先読み英会話問題2」へと進んでみよう!
 
▼TOEIC(R)テスト超速トレーニング該当箇所
学習 → オリジナルトレーニング → Part3  → 1.聞く前に読み、予測する → 先読み会話問題1 (更に) → 先読み英会話問題2
 
●リーディングに慣れよう!
リーディング力UPの基礎づくりを始めます。時間を気にせずに、まずはしっかりと読む感覚を身につけましょう!
 
▼TOEIC(R)テスト超速トレーニング該当箇所
学習 → オリジナルトレーニング → Part7 → 1.設問を読み、探すべき情報を知る → 具体的な内容を問う問題 
 
●同時に文法の基礎も身につけよう!
【文法】というトレーニングではなく、文法感覚を身につけるゲームだと思って下さい。この感覚があれば、長文読解も同時にスムーズになってきますよ。
 
▼TOEIC(R)テスト超速トレーニング該当箇所
学習 → オリジナルトレーニング → Part5 → 1.品詞の理解と、時間の使い方 → 品詞の判別
 
<三ヶ月目~テストまで>
3カ月間で、苦手な部分を克服するためのトレーニングを行ってきました。
ここからTOEIC(R)テストまでは、Part別練習、ソフト内のテストを繰り返して試験に慣れましょう!
 
★最後にヒトコト
今回のスケジュールに書いてない、他のオリジナルトレーニングはその他のスキマ時間に実践することでOK。この3カ月間で、基礎づくりが大変重要となるので、今回提示させて頂いたトレーニングは必須、その他は余裕がある時に、という位置づけて進めていきましょう。
 
————————–
 
日々の学習状況はこちらからご確認ください。
最新の投稿はFacebook「超速トレーニング」ファンページでご覧いただけます。