お知らせ information

【TOEIC(R)テスト】レベル別オススメ学習法①~英語初級者◆長文読解を極めたい方向け

2012.11.20

「TOEIC(R)テスト超速トレーニング」モニターキャンペーンが始動いたしました。

 
さて、本ページでは企画にご参加いただくモニターのみなさまのプロフィールと学習メニューをご紹介します。まずは「英語で論文を読むのが目標!」現役大学院生の岡本雪奈さんです!
 
■プロフィール
 
岡本 雪奈
 
▼職業:大学4年生兼修士1年生
▼TOEIC(R)テストスコア:445点
▼最終的にはTOEIC(R)テストスコアは800点が目標!
まずは2012年3月の受験で600点を目指す。
 
岡本さんは大学4年生兼修士1年生。
英語を身につけたい理由は、英語で論文が読めるようになること。
また、将来は外資系企業に勤めて海外で活躍したい!という素敵な夢もお持ちです。
「まずは、原文で論文が読みたい!読みたい論文がたくさんあるんです!」
と学習にとても前向きでした。
 
・リーディングは読めた気になって、読めてないことが多いんです・・・
・自分ではリスニングができないと思っているが、実際のTOEIC(R)テストでは
 リーディングの方が弱いからリーディングをなんとかしたい
 
岡本さんの目標は正確なリーディング。
今回の学習アドバイスはリーディングが中心となりそうです。
モニター面談ではご自身の目標をたくさんお話し下さいました。
夢があるってとても素敵です!!!
熱い握手をかわします。
岡本さん!頑張りましょう!!!
モニター参加に際して岡本さんからこんなコメントをいただきました。
—————-
大学院生にも関わらず、
英語がちっともできずに論文を自由に読めないでいます。
できることなら将来は外資系に勤めたい!海外で活躍したい!
そう思っているのに英語という道具さえ使いこなせない自分が不甲斐ないです。
英語力をなんとかしなくてはと思い立ち、
何度も勉強を開始するのですが続いた試しがありません。
—————-
語学学習を始めたけど続かない・・・
そんなお悩みをお持ちの方はたくさんいらっしゃるかと思います。
続けていくこと、それはどんなことであれ難しいのです。
 
実は、「TOEIC(R)テスト超速トレーニング」のユーザーの方はなにをやっても続かないからゲームで・・・という方がとても多いです。
なにをやっても続かない・・・そんなお悩みをお持ちの方は、岡本さんのご投稿に注目です!
 
■学習メニュー紹介
 
【藤永先生からヒトコト!】
現在大学院生で、学業でも使用する海外の書物などが和訳されていないものもあるので、英語自体で理解しながら読みたいと要望。 長文を読む力、語彙力、読むポイントを鍛えることにこの3カ月間は集中しましょう!
 
<一ヶ月目>
●リーディング力の基礎を作ろう!
海外の書物など、多量の情報を理解しながら読むには、文脈を理解しながら読み進めなければいけない。そのトレーニングに最適なのは、オリジナルトレーニングPart7『文脈から語彙や主語を知る』内のコンテンツです!【語彙を問う問題】【主題を知る問題】を同時に行うことで、更に基礎づくりを高めていきます。 
 
▼「TOEIC(R)テスト超速トレーニング」該当箇所
学習 → オリジナルトレーニング → Part7 → 2.文脈から語彙や主語を知る → 語彙を問う問題 (更に) → 主題を知る問題
 
●スキマ時間に語彙力をUPしていこう!
この機能は欠かせません。リーディング力をUPするには、そして語学には「耳」、つまり聴く力が重要。リーディング対策だけ、単語の暗記だけで語学力はUPしないことを念頭に置きましょう!しかし、この機能は例文が表示され、点という単語ベースではなく、線という英文ベースで重要単語、熟語を覚えていくことができるので、長文対策にも直結します。
 
長文を読む際に、自分の頭の中で「ネイティブが読み上げている」感覚で読むことが大事。頭の中で、ソフト内に登場している音声(男女どちらでも)が流れているように読めるようになればベストです。
 
ちなみに私の場合は、自分自身がネイティブになった感覚で、自分の音が読み上げている感覚です。身につけば飛躍的にリーディング力、またリスニング力もUPしていくので、是非試してみましょう!
 
※このトレーニングは3カ月継続して続けていきましょう!
 
▼「TOEIC(R)テスト超速トレーニング」該当箇所
学習 → ワードブック → 聴く
【進め方】※最初は、レベル1から設定して試してみて下さい。 そのレベルが自分に合わないと思った場合は、レベルをUPする。 1日10単語は最低でもやって欲しいですね。年間で3000前後の構文に触れるということは、TOEIC対策にも十分な数量となるから。覚える!という感覚ではなく、英語を【聴く】という気軽な気持ちでOKです。
 
<二ヶ月目>
 ●詳細まできっちり読む力を身につけよう!
どうしても、長い文章など読む場合は、「はやく、はやく」と気持ちが焦るもの。
二ヶ月目では、そのクセを取り除き、詳細まできっちりと読む力をつけましょう!
とことんPart7を進めていきましょう。
 
▼「TOEIC(R)テスト超速トレーニング」該当箇所
学習 → オリジナルトレーニング → Part7 → 1.設問を読み、探すべき情報を知る → 具体的な内容を問う問題
 
 
<三ヶ月目> 
●リーディング力をスピードUPしてみよう!
三ヶ月目は、実際の問題形式で進めていきましょう。 経過時間なども計測されますが、ある程度の緊張感の中で、どれくらいのスピードで、どこまで把握しているのか?を確認してみましょう! 【ネイティブが文を読み上げている感覚が身についているか?】を認識して、解いてみましょう!
 
▼「TOEIC(R)テスト超速トレーニング」該当箇所
学習 → Part別練習 → Part7
 
 
<三ヶ月目~テストまで>
3カ月間で、苦手な部分を克服するためのトレーニングを行ってきました。
ここからTOEIC(R)テストまでは、Part別練習、ソフト内のテストを繰り返して試験に慣れましょう!
 
★最後にヒトコト
今回のスケジュールに書いてない、他のオリジナルトレーニングはその他のスキマ時間に実践することでOK。 この3カ月間で、基礎づくりが大変重要となるので、今回提示させて頂いたトレーニングは必須、その他は余裕がある時に、という位置づけて進めていきましょう。
 
————————–
 
岡本雪奈さんの日々の学習状況はこちらからご確認ください。
最新の投稿はFacebook「超速トレーニング」ファンページでご覧いただけます。
 
岡本さんの挑戦、応援よろしくお願いします!