お知らせ information

【TOEIC(R)テスト対策】レベル別オススメ学習法③~英語中級者◆バランス良く学びたい方向け

2012.11.22

「TOEIC(R)テスト超速トレーニング」のモニターにご参加いただくみなさまのご紹介です。
本日ご紹介させていただくのは、パワフル主婦!守田修子さん。
 
モニター参加に辺り、こんな素敵なコメントをいただきました。
———-
現在66歳の主婦ですが、2年前に英検2級を取得し次はTOEICを目指そうと日々努力しています。
60歳を過ぎてからでもスタートするのは決して遅くないと言う所を実証したいと思います。
今のご時勢人生まだまだ長いです。頑張ります。
———-
守田さんは、英語を習得し同じ年代の英語圏の人と交流を持つことが最終目標。
現在も、週に1度英会話サークルでイギリス人講師を囲んでのディベートに参加されているそうです。
 
お話を伺えば伺うほど、パワフルでとても素敵!
そうです!何かを始めることに遅いなんてことはないんです!!
 
守田さんのパワフルさは藤永先生との面談でも、
 
机の上にずらっと並んでいるのは、守田さんにお持ちいただいた普段お使いの勉強ツールの数々・・・
一日の勉強時間は平均2時間、熱中すると午前中ずっと勉強する日も少なくないそうで、
すでにご自身でお気に入りの勉強ツールは決まっている。
 
守田さんの勉強ツールはパソコンが中心。
気になるニュースの英文や、単語を配信しているサイトなど使っているとのこと。
藤永先生とは、今の勉強法にプラスしてTOEIC(R)テストに特化した対策法についてご相談されていました。
 
さて、どんな学習メニューが誕生するのでしょうか。
ご期待ください!
 
■プロフィール
▼年齢:66歳
▼職業:主婦
▼TOEIC(R)テストスコア:10年前に受験、2010年に英検2級取得。
▼10年前にTOEIC(R)テストを受験して以来、自信がなく受けていない。
  受験の際は時間が足りず、長文を早く読むことが課題。
  現在、600点を目指して勉強中。2012年3月のTOEIC(R)テスト試験での達成を目指す!
  性格がおっとりなので、ひとつひとつの問題スピードをあげていくことが課題。
 
守田さんはニンテンドー3DSを使用するのは今回が初めて。
普段はパソコンでの勉強が中心とのことですので、その辺の感想も楽しみです。
守田さんの勉強の様子はFacebook「超速トレーニング」ファンページで!
 
■学習メニュー
【藤永丈司先生からヒトコト!】
守田様は、基本的な英語力は既にお持ちで、TOEIC(R)テストの単語、解き方などに慣れるだけでも、大きく飛躍されます。目標設定である、600点以上は問題ないと思います。また週1回、ネイティブスピーカーとの英会話を色々なテーマでされているとの事ですので、この3カ月間で習得する単語、表現などを、会話にも活かして頂ければと思います。
 
<一ヶ月目>
●長文の時間切れは今は気にしない! 先ずは、語彙力をそのまま伸ばしましょう!
2010年に英検2級を獲得した守田様は既に色々な教材に触れ、また週1回の英会話などで、長文自体を読む事に抵抗がないようですので、語彙力をUPするだけで、リーティング力自体がUPしていきます。語彙力は、多くの情報量の中から文脈を理解して習得していくものですので、オリジナルトレーニングPart7『語彙を問う問題』を中心に解きながら、”勉強“というよりも、クイズ感覚で無理なく、語彙力をUPしていきましょう!
 
▼TOEIC(R)テスト超速トレーニング該当箇所
学習  →  オリジナルトレーニング → Part7  → 2. 文脈から語彙や主語を知る → 語彙を問う問題
 
●スピーカーのなまりは、”英語を聴く力“を身につければOK
 守田さんは、週1回の英会話で、イギリス人が話す英語が聞こえずらいとのお悩みをお持ちでした。アメリカ英語に慣れている方は特に悩まれるところ。この悩みは、私自身もビジネス社会で多く経験したことでもあります。 特に、国際化が進む中では、どの国の人でも英語でコミュニケーションをとるようになるが、各国でなまりはつきもの。日本人のなまりも外国人には聞き取りにくいのですが・・・ これを解決させてくれるのがこのトレーニングです。
 
▼TOEIC(R)テスト超速トレーニング該当箇所
学習 → ワードブック → 聴く 
【進め方】※最初は、レベル1から設定して試してみて下さい。 そのレベルが自分に合わないと思った場合は、レベルをUPする。 1日10単語は最低でもやって欲しいですね。年間で3000前後の構文に触れるということは、TOEIC対策にも十分な数量となるから。覚える!という感覚ではなく、英語を【聴く】という気軽な気持ちでOKです。
 
編集機能でご自由に設定をしてみてください。単語を習得しながら、英文での音声を聴ける機能ですので、まず英語を”聴く”という感覚能力を、英文レベルで楽しみながら身につけていくだけでOK!
※このトレーニングは3カ月継続して続けていきましょう!
 
<二ヶ月目>
●長文を読みながら、詳細部分まで理解出来る力を身につけましょう!
語彙力を身につけても、その内容をしっかりと理解しなければ意味がありません。オリジナルトレーニングPart7『設問を読み、探すべき情報を知る』では、しっかりと英文を読む力を身につけると同時に、どこに読むポイントを置くのか?という能力を開花させることができます。
 
▼TOEIC(R)テスト超速トレーニング該当箇所
学習 → オリジナルトレーニング → Part7 → 1.設問を読み、探すべき情報を知る → 具体的な内容を問う問題
 
●リスニングのひっかけ問題対応で、更に”聴く力“強化する!
会話という長い情報量の中で似たような音の聞き分け能力を養うことでで、聴く能力は更に向上します。オリジナルトレーニングPart3『“ひっかけ“の選択肢に注意する』にチャレンジ!
 
▼TOEIC(R)テスト超速トレーニング該当箇所
学習 → オリジナルトレーニング → Part3 → 2.“ひっかけ“の選択肢に注意する → 会話問題の実践1 と 2
 
<三ヶ月目>
●更なるリーディング力を高める!
その1.
オリジナルトレーニングPart7『“NOT”を探す質問/数字や時間の質問』では、あてはまらないものを選択します。細部までの注意が必要となり、更なるリーディング力を高めていきます。
 
▼TOEIC(R)テスト超速トレーニング該当箇所
学習 → オリジナルトレーニング → Part7 → 3.“NOT”を探す質問/数字や時間の質問 → あてはまらないものを問う問題
 
その2.
合わせてオリジナルトレーニングPart7『グラフや表/2つの文章』にチャレンジ。長文が2つ表示されるパターンで、より多くの情報からの理解が必要となります。関連性、詳細、またどこに着目すればいいのか?などリーディング力には欠かせない能力をここで身につけます。今までのリーディング力の集大成です。是非チャレンジして下さい。
 
▼TOEIC(R)テスト超速トレーニング該当箇所
学習 → オリジナルトレーニング → Part7 → グラフや表/2つの文章 → ダブルパッセージ問題1と2
 
●長文で鍛えた語彙力や読解力をリスニングにも活かす!
問題を解きながら、内容を理解する能力を鍛えることで、今まで鍛えたリーディング力をそのままリスニングに置き換えてその力を発揮しましょう!
 
▼TOEIC(R)テスト超速トレーニング該当箇所
学習 → オリジナルトレーニング → Part3 → 語彙の応用力をみがく → 実践問題 
 
<三ヶ月目~テストまで>
3カ月間で、苦手な部分を克服するためのトレーニングを行ってきました。
ここからTOEIC(R)テストまでは、Part別練習、ソフト内のテストを繰り返して試験に慣れましょう!
 
★最後にヒトコト
今回のスケジュールに書いてない、他のオリジナルトレーニングはその他のスキマ時間に実践することでOK。 この3カ月間で、基礎づくりが大変重要となるので、今回提示させて頂いたトレーニングは必須、その他は余裕がある時に、という位置づけて進めていきましょう。
 
守田修子さんの日々の学習状況はこちらからご確認ください。
最新の投稿はFacebook「超速トレーニング」ファンページでご覧いただけます。
 
守田修子さんの挑戦、応援よろしくお願いします!