Information キッパーからのお知らせ

お知らせ
フォニックスを学ぼう!

英語の発音の基礎として注目を集めている“フォニックス”。
「キッパーのえいご教室」では、この“フォニックス”を中心に英語を学んでいきます。
声に出したり、書いたりしながら自然と身につけていくので初めて英語に触れる方にもぴったりです。

 

 

———–

“フォニックス”とは
フォニックスは、英語の発音の法則です。
例えば、このアルファベットを読んでみてください。

fonics_a

多くの方は、「エイ」と読むと思います。
それでは、次はこちらを英語で読んでみてください。

fonics_apple

「アップル」、ですよね?
※便宜上、発音をカタカナで表記しています。

「A」は多くの方がが「エイ」と覚えているかと思います。
ですが、実際に単語で発音するときには「アッ」と発音しています。

フォニックスはアルファベットを「エイ、ビー、シー」ではなく、「アッ、ブッ、クッ」といったように「音」で表した発音の法則です。「音」で覚えることで、初めて見た単語でも自然に読み進めていくことができます。「キッパーのえいご教室」では、ネイティブであれば自然と身につけているこの法則をソフト内のアクティビティを進めながら定着させていくことができます。

フォニックスを学ぶアクティビティは、「Sounds and Letters」というメニューの中に収録されています。
フォニックスをしっかり学びたい方は、まずこちらのアクティビティから始めるのがおすすめです。

sounds_and_letters_menu

「Sounds and Letters」では5つのアクティビティを通してフォニックスを身につけていきます。

 

①Look&Listen ~見て、聞いてみよう!~

3 look_listen_apple

“Look&Listen”では、アルファベットとそのアルファベットが使われた単語を交互に聞きながら、フォニックスの発音を聞きます。音声は全てイギリス英語で収録されています。

 

②Try saying it ~発音してみよう!~

try_saying_apple

①で聞いた音声を声にだして練習します。
イヤホンを使うと、音声を聞きながら発音することもできます。
発音した音声は保存して、いつでも聞き返すことができます。

 

③Same Sounds ~同じ「音」を探そう!~

same_sounds_a

イラストの中から学んだ発音が使われている単語を探して語彙を増やしていきます。
さまざまな音に触れることでフォニックスが自然と使えるようになっていきます。

 

④Listen Write ~聞いて、書いてみよう!~

listen_write_a

発音を学んだアルファベットをお手本をなぞりながら書いて練習します。

 

⑤Listen Choose ~聞いて、探してみよう!~

listen_choose_a

“Sounds and Letters”全体のおさらいです。
単語の音声を聞いてイラストの中から答えを探します。


「キッパーのえいご教室」では、一つのフォニックスを5つのアクティビティを通して繰り返しながら覚えていきます。
アクティビティを終えたら、実際のキッパーのお話を読み進めながら覚えたフォニックスの確認をします。
キッパーのお話は“Fiction”から楽しむことができます。
次回は“Fiction”の進め方についてを詳しくご紹介していきます。

"キッパーのえいご教室"をお買い求めの方へ

  • Amazonで購入する!
  • 楽天BOOKS Coming Soon